金融会社の催促にこまっている

金融会社の催促にこまっている

多額の借金をし、その支払が滞るようになると、金融会社は債務者に支払いの督促を行うようになります。

 

この督促は法的な強制力はなく、また電話を使用する場合にはかける時間も制限されるなど、建前上は債務者に心理的負担を与えないようになっています。

 

しかし、債務者としては毎日携帯で催促されても当面どうこうできるというあてがあるわけではなく、単純に「待ってください」を繰り返すことしかできません。

 

 

かといって携帯に出ないと自宅や職場に電話をかけられ、家族や同僚の知るところとなってしまいます。

 

いかに債務者の負担になるとは言っても、返済が滞っている債務者に対して債権者が連絡を取るのは当然の権利であり、止めることはできません。

 

ただし、債務の問題をまとめて取り扱ってくれる代理人を立て、「以後こちらに連絡してください」と頼めば(代理人が連絡してくれる場合がほとんどですが)、以後連絡はすべて代理人の方に行くことになります。

 

ですから、金融会社からの催促電話に悩んだ場合には、滞納を起こしているすべての金融会社名とその連絡先を書いたリストを持って、弁護士事務所などに相談にいくべきでしょう。

 

ほとんどの場合、相談をした翌日から、金融会社からの電話は鳴らないようになるはずです。