自己破産に必要な費用

自己破産に必要な費用

自己破産の手続きをする人の多くは、弁護士や司法書士など法律の専門家に依頼をするでしょう。

 

 

しかし、自己破産を検討する人のほとんどは、多重債務者や多額の借金で火の車、返済するお金もなく滞納しているという人が多いです。

 

弁護士や司法書士など法律の専門家に依頼することを考えている人は、自己破産にはどれくらいの費用が掛かるのか理解しておきましょう。

 

一般的に掛かる費用は、破産申請申し立てと免責申し立ての収入印紙代¥1500円、予納郵便代の切手代として¥3000?¥15000。

 

予納郵便代は、借り入れをしている会社の数によって違います。

 

そして、破産手続き開始決定後に確定する予納金が必要になります。

 

同時廃止の場合は、分割払いが出来るか裁判所に確認しておきましょう。

 

同時廃止になる場合の予納金は、¥10000?¥13000が必要です。

 

 

これに加え、弁護士や司法書士に自己破産手続きの依頼をした場合は、当然費用が発生します。

 

ここで発生する費用は、事務所や業者により異なり、借り入れている金融機関の件数、借金の総額によっても差があります。

 

債務者自身で手続きをすることも可能ですが、多くの専門知識が必要になります。

 

依頼した専門家の費用は、分割にしてくれる場合もあるので、1度相談してみましょう。

 

弁護士や司法書士事務所では、無料相談を行ってくれる事務所が多くあります。

 

まずは無料相談を上手く利用して詳細の確認をしておきましょう。