自己破産する場合の生命保険

自己破産と生命保険

自己破産をしたら、必ずしも生命保険を解約しなければいけないというわけではありません。

 

ただし、生命保険には解約した時に「解約返戻金」といって戻ってくるお金があるので、その場合は解約してそのお金を債権者に分配しなくてはいけません。

 

 

親がかけた自分名義の生命保険も同様に扱われ、返戻金の額によっては解約の必要がでてきます。

 

解約返戻金の無いタイプの保険もあるので、その場合は解約しなくても大丈夫です。

 

ただし、解約返戻金の額が20万円を超える場合のみなので、もし20万円以下の場合には、解約しないでもすみます。

 

解約返戻金が20万円を超える場合でも、例外で解約せずに済む方法がいくつかあります。

 

まず、生命保険の契約者貸付制度を利用しておいて、返戻金を20万円以下にする方法です。

 

また、自己破産をしても99万円以下の現金を維持することが認められています。

 

 

返戻金の額が20万円以上でも他の財産と合わせて99万円以下と少額の場合は、生命保険を維持することもできます。

 

いずれの場合でも、裁判官の判断によるものなので、確実というわけではありません。

 

自己破産の申し立てを行うときに生命保険に加入しているなら、解約返戻金の有無や額に関わらず、保険証券の写しと保険解約返戻金証明書を提出する必要があります。

 

保険解約返戻金証明書は、加入している保険会社に連絡すれば取り寄せることができます。

 

解約の必要が無い保険であれば、自己破産の手続き中であっても保険料を支払うことにはまったく問題はありません。