自己破産の基礎知識

自己破産の基礎知識

自己破産をすれば、借金を免除してもらうことの出来る制度ですが、借金の免除には多くの制限や条件が必要とされてきます。

 

人生を左右する問題になるので、自己破産の依頼を行う前に、本当に自己破産をしなければならないのか、自己破産をしなくても解決出来る方法はないのか、しっかり見直す必要があります。

 

 

自己破産が、今まで積もりに積もってしまった多額の借金をなくしてくれることだけがメリットです。

 

しかし、デメリットが多くあるので、よく確認して下さい。

 

自己破産をすれば、必要最低限、生活が出来る費用は残りますが、不動産などの財産は失われることになります。

 

官報に名前が載ってしまうことで、複数の人に自己破産したことを知られる可能性があります。

 

5から10年間は、新しくローンを組むことや、クレジットカードを作ることもが難しくなります。

連帯保証人を付けている場合

確認しておく必要があるのは、連帯保証人がいる場合です。

 

 

連帯保証人を付けている場合は、債務者自身が自己破産をすることが出来ても、連帯保証人まで借金が免除されるわけではありません。

 

債務者自身の借金が免除されるだけなので、支払い義務が連帯保証人に移行してしまい、連帯保証人が借金を支払っていかなくてはならない状況になってしまいます。

 

自己破産をし、借金のない状態から新しく人生を始めることが出来た場合でも、数年で多重債務者や多額の借金に追われてしまう人も少なくありません。

 

しかし。1度自己破産を行えば、7年間は自己破産をすることが出来ないので絶対に逆戻りしないように注意しましょう。

 

誘惑は忘れたころにやってきます。