個人再生は自己破産ではない

個人再生は自己破産とはちょっと

自己破産ににた手続きで個人再生という手続きがあります。

 

これは自己破産同じように裁判所へ申し立てますが、自己破産とは大きな違いがあります。

 

それはすべてを帳消しにするのではなく大幅に免責つまり借金を負けてもらうのです。

 

そしてそれを長期の分割払い変更し支払いを行うという制度なのです。

 

何となく任意整理と似ていますが減額は1/5程度までとなりその額は任意整理よりは大きくなるのが特徴です。

 

そしてそれを3年で支払う再生計画案が裁判所で許可がもらえれば、その計画案に基づいた金額まで減額、あとはその計画書にもとづき支払いをすましてしまえばすべての債務が帳消しとなります。

個人再生できるか条件がある

一般的には三年となる返済期間ですが状況によっては5年までの分割も可能です。

 

これらの流れをみるとそれならと感じてしまいますが、この個人再生には大きなメリットがあります。

 

それは減額された借金を返済することで手元には住宅や車といった財産を手放す必要がなくなるというメリットがあります。

 

ただし、これを行うには当然、支払い能力があることが前提となります。

 

ちなみにこの減額幅は決められており認められれば、今の生活をつづけながら借金がなくなるということも可能な場合もあり、だからこその個人再生といっていい手続きです。