制限されること

自己破産で制限されることは

自己破産をすると、少なくとも7年間、は新たにローンなどを利用することができなくなります。

 

他にも、自己破産によって制限されることがいくつかあります。

 

まず、旅行や引越しについてです。

 

 

良く誤解されがちですが、決して海外旅行や引越しができなくなるということでは、ありません。

 

少額管財手続きの場合には、手続きの間は住所を変更したり、旅行で家を離れることが制限されたりしますが、手続きが終われば、一切の制限は無くなります。

 

資格制限についても同じことで、免責許可が下りるまでの数ヶ月間のみ制限されるだけです。

 

国が発行する官報というものに破産したことが掲載されますが、戸籍に掲載されることは無く、自分から言わない限りは破産したことが周囲にばれることは、まず無いでしょう。

 

家族や親戚にも、破産したことを隠し通すことは可能です。

 

自己破産は個人の生活を再建するための救済措置なのですから、破産したからといって日常生活で大きな規制はありません。

 

しかし、一番大きな制限といえば、やはり借入についての制限です。

 

 

自己破産をした事実が信用情報機関に登録されている間は、どこもお金を貸したり、クレジットカードを発行したりすることはありません。

 

その登録される期間は7年とも10年ともいい、その間は大きな買い物をすることが難しくなります。

 

もちろんその間はまた自己破産をすることもできませんが、時が過ぎれば信用情報機関から削除され、新たなローンを組むことも可能になってきます。