自己破産のタイミング

自己破産のタイミング

 

借金が増え続けて返済ができなく精神的にも追い込まれると、自己破産してしまった方が楽なのではないか?と思われる方、そのとおりです。

 

 

収入より支出が多く、改善する見込みがない場合はとっとと自己破産をすればよいと思います。

 

なぜなら、デメリットよりメリットの方がはるかに大きいからです。

 

たとえば、弁護士に相談して借金を減額する為に任意整理しようが、自己破産しようが受任通知(借金を整理するから支払をちょっと待ってと弁護士が貸金業社に送る書類)を送付した段階でブラックはブラックです。

 

ブラックという言葉のイメージがネガティブですが、クレジットカードやローンが組めなくなるぐらいで現金生活をすれば問題ありません。5〜10年で個人信用情報機関の記録から消えますので一生ではありません。(私の場合は5年ほどで消えました)

 

あとは3ヶ月ほど特定の資格の仕事につけないぐらいで、戸籍にも載りませんし選挙権も失われませんし、海外にも行けますし、仕事も解雇になったりしません。官報に掲載されるぐらいで一般の方は見ることはありませんので自分が言わない限り、まわりの知り合いが気づくことはありません。

注意が必要なことある

 

まず、資産(時価評価額20万円以上)が没収されます。

 

マイホームや高級車をお持ちの方は個人再生や任意整理、特定調停などの債務整理で解決できるのであればそれに越したことはありません。

 

特に住宅ローンの返済ができなくなて破産を考えている場合には、自己破産をする前に債権者に相談することをおすすめします。低金利の住宅ローンへの借り換えや、無理なボーナス払いをやめて月々の支払いを減らしたりすることも可能です。自己破産はそれからでも遅くはありません。